煙石博のブログ

煙石博さんはある日突然に謂われなき罪に問われ、苦しんでいます
この苦しみは彼一人だけではなく、家族の皆さんも地獄の苦しみを
味わっています
このブログでは、その時々の彼の思いを綴っています

ブログ一覧

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(案)に対する意見募集の実施結果

2018年2月5日  防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(案)に対する意見募集の実施結果

私は、昨年12月25日に「 防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(案)」に対する意見を広島県に提出しましたが、今年1月に意見募集の実施結果について、  
広島県警察のホームページ 
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/police/boukame-guidelines.html
 に 報告がありました。意見を提出したのは5人で、12件あり、私の意見に関しても、意見内容と対応・考え方が示されていました。その結果報告は資料として参考までに別添します。

結果報告資料はこちらをクリック  →  ガイドライン意見募集実施結果

 

私の意見に関しては、意見の内容と対応・考え方の番号の5・6・7・8に掲載されています。しかし、私の意見に対しての答えは、私の真意に応えて頂けていません。
番号5 【撮影された画像の適正な管理】について、
 私の意見は、
「6(2)画像の複写,加工」に,「警察も検察も画像を加工しないこと」を追加してほしい。」でしたが、
県警の対応・考え方は
「ガイドラインは,防犯カメラの設置者等に対し,適切かつ効果的な運用を行っていただくための基本的な事項を指針として示すものです。なお,警察が押収したカメラ画像等については,証拠物件取扱保管要領に基づいて厳正に取り扱われます。また,証拠物件である画像及びそのデータの改ざんは,証拠隠滅罪(刑法第104条)に当たる違法行為です。」 として、明確に答えていません。

私の場合は、映像を警察の都合の良い解釈で切りとられ,加工されたような画像で、自白を強要されました。私は加工されたような映像を見せられて、精神的に追い詰められましたが、いくらそんな映像を見せられても、66,600円を盗っていない事は確かなので、盗っていないと真実を繰り返し訴えました。それでも私は犯罪人に仕立て上げられ、さらに検察では、ひたすら示談を迫られましたので、警察も検察も画像を加工しない事を挙げたのです
改めて申し上げます。私の場合、警察・検察が、加工したような映像を見せて、自白や示談に利用しようとしました。信じられないでしょうが、これは真実です‼

番号6【撮影された画像の適正な管理】の画像の保存期間について 
私の意見は
「事件に関わる物は,最短で1年以上,最長期間を設けない。事件が解決するまで保存し,解決後も被告人の了解があるまでマザーを保存するを追加してほしい。」でしたが、
県警の対応・考え方は
「画像の保存期間が長期になれば,画像データの漏えい等の危険性が増大することから不必要な長期保存は望ましくありません。」としています。

事件に関わる防犯カメラの映像は、絶対に必要だし、その期間に不必要な期間など決められません。また、漏洩の危険度が増大・・・とは何という事。証拠になる物を消してはいけない。事件に関する物は事件が解決するまで保存し、解決後も再審や国家賠償を闘う事も大いにあるので、
冤罪とされた被告人の了解があるまでマザーを保存すべきです。

番号7【撮影された画像の閲覧・提供の制限】について、  
私の意見は 
「7(1) 第三者への閲覧・提供」に,「冤罪防止のため,弁護士などを通じて開示すること」を追加してほしい。」でしたが、
県警の対応・考え方は
「第三者への画像の閲覧・提供は,法令に基づく場合や公共の利益のために緊急の必要性がある場合等に限定されており,閲覧等の行為自体が直ちに冤罪に結びつくものではないと考えます。」でした。

私の場合、刑事が逮捕しに来た時から、「金を盗っている所が映っている。」と言いながら、それを見せてくれず、さらに取り調べの時にも、何度も「その映像を見せてくれ。」と要求しましたが、見せる事なく、とにかく刑事が作り上げた犯行ストーリーを認めさせようとするばかりで、机を叩いたり、威嚇したりして、自白を強要され続けました。
逮捕の時から防犯カメラの映像を開示してくれていれば、こんなとんでもない冤罪に引きずりこまれてはいません。

番号8【防犯カメラ・運用規定】について、
私の意見は
「6 画像の利用及び閲覧・提供の制限」の次に「7 画像の利用及び提供」と題して「防犯カメラの映像に映っている本人からの請求があれば,映像を提供することができる」を追加してほしい。」でしたが、
県警の対応・考え方は
6(1)エに「画像から識別される本人の同意がある場合又は本人に提供する場合」として同旨の規定を設けています。」としています。
※対応・考え方の欄の最初にある6(1)エのところ、ガイドライン(案)では、正しくは7(1)エのところになりますが、「画像から識別される本人の同意がある場合、または、本人に提供する場合として、他人のプライバシーを侵害することがないよう細心の注意が求められる」というのですが、私の意見に対しての答えになっていません。

そもそも、私は「防犯カメラに証拠が映っている」という刑事の脅迫的なウソによって逮捕され、勿論、身に覚えが全くありませんので「金を盗っている所が映っているのであれば、その映像を見せてくれ」と、何度要求しても見せてくれる事なく、犯人にされたのです。

ガイドラインは、警察などからの一方的な「べからず集」だけではなくて、運用に関する、つまり、防犯カメラの設置等に関する、設置した側へのガイドラインも大切ですが、私の経験から、最も大切な事は、防犯カメラの映像の扱い方です。
防犯カメラの映像は、科学的な分析・解析と、公正・中立な検証がなされることを大前提とすること。さらに、捜査機関による映像の分析では、捜査機関側の思い込みが影響して来るので、防犯カメラによる冤罪を生み出しやすいし、防犯カメラが捜査機関側に都合のよいストーリーの補完に利用されかねません。私の場合、これらの事が全て守られていませんでした。防犯カメラを扱う側、警察や、検察においても、冤罪を出さないようにする事も、大変重要だと思って、私の体験した事を元に、意見を申し立てたものでした。私の意見に対する、県警の対応・考え方は ほとんど納得できないものです。

防犯カメラのガイドラインについては、警察だけでなく、弁護士は勿論、識者も入れ、さらに防犯カメラの専門家を加えて作成する必要があると思います。また、慎重に運用を監視する第三者機関も必要だと思います。

最後に、【その他】番号12は、他の方が出された意見ですが、「防犯カメラの映像に頼り過ぎた捜査が行われているのではないか、カメラ映像だけで犯人を決めつける捜査があるのではないかと不安に思う。」について、私も大変同感します。
県警の対応・考え方は
国家公安委員会が定めた「犯罪捜査規範」では、「捜査を行うに当たっては、先入観にとらわれず、…すべての情報資料を総合して判断する」よう規定されています。
警察では、これらの規定に基づき、捜査幹部の指揮の下、綿密かつ適正な捜査を推進しています。」と、ありますが、私の場合は、これらがほとんど守られていなかったので、とんでもない目にあわされました。

※私の身に起こった事は、このままでは誰の身にも起こりうる事で、私のような被害者が私の後に出ないようにと強く願い、意見を述べさせて頂きましたが・・・いろいろ納得できない事が多いのです。
                                       
思い返せば最高裁で逆転無罪判決が出てまもなく1年になります。(去年3月10日でした。)
鬼丸かおる裁判長は、「防犯カメラの映像には、いくら映像が荒いものであっても被告人が封筒から現金を抜き取り、これをポケット等に隠し、さらに金をぬいた後の封筒を、元の記帳台に戻す様子を確認できるものではない。」と映像を慎重に確認した上で、無罪の判決を出す大きな判断材料にしていて、判決文の結論で「被告人に窃盗罪を認めた第一審判決及びこれを是認した原判決には、判決に影響を及ぼすべき重大な事実誤認があり、これを破棄しなければ著しく正義に反すると認められる。」として無罪を言い渡しました。

初めから防犯カメラの映像を公正・中立に解析していれば、貴重な4年5か月を失う事もなく、多大なる出費と、大きな精神的負担を背負わされることもなかったのです・・・。

                                    煙石 博

2018年2月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

テレビ視聴ありがとうございました

2018年1月16日  テレビ視聴ありがとうございました

新年早々に、テレビ視聴のお願いをし、申し訳ありませんでした。
広島県の「防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」については、県民の意見を募集している事を新聞で知り、そのガイドライン案を読みましたら、私の冤罪被害の埋火(うずみび)に(まだ埋火(うずみび)にはなってはいないが・・・)再び火がつき、怒りの思いと、私の後に私のような被害者が出てはいけないという思いから、被害者としての思いを込めて意見書を作成して、去年の暮れに広島県に提出しました。この意見書については、煙石ニュースの号外012(2017.12.27)の通り、私のホームページに掲載しています。再度ご覧頂ければと思います。

 年が明けて、RCCニュース6より、広島県の防犯カメラのガイドライン策定について、取材依頼がありましたので、1月9日(火)にVTR取材を受けましたら、1月12日(金)18:15~のニュース6で、放送されました。ただ、放送された私の部分は、他にも多くの事を話したうちの、ソフトな表現の一部分が放送されていましたので、私の思いが充分伝わったかどうか・・・。 ご覧下さった方から、感想や意見を頂きありがとうございました。

今後、ガイドラインがどうなるか注目していますが、私の場合は、刑事らによって、防犯カメラの映像を悪用され、犯人に仕立てあげられたのですから、最も大切な事は、防犯カメラの映像の扱い方です。
防犯カメラの映像は、科学的な分析・解析と、公正・中立な検証がなされる事を大前提とするべきである事と、防犯カメラの映像が刑事の側に都合のよいストーリーの補完に利用されないように、慎重に運用を監視する第三者機関も必要だと提言しています。

 広島県に提出した意見記入用紙の最初の意見内容を下記の通り、改めて掲載します。

意見内容
 私は2017年3月10日に最高裁判所で逆転無罪判決を受けた者です。私は「防犯カメラに証拠が映っている。」と言われて、防犯カメラの映像を見せる事なく逮捕され、犯人に仕立てあげられました。
 私はお金を盗っていないと主張して4年6カ月、家族なども巻き込んで人生を失い、本当に苦しい目にあいました。私の身に起こった事は、このままでは誰の身にも起こりうることで、「私のような被害者が私の後に出ないように」と強く願い、意見を述べさせていただきます。詳しい事は別紙をご覧下さい。

※別紙 煙石ニュースの号外012(2017.12.27)はこちら → 「Enseki-news 号外-012

 

    寒菊や今逆境に耐へて咲く   ひろし
                                煙石 博

2018年1月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

迎春   雪冤の柏手(かしわで)高く初御空(はつみそら)

2018年1月5日  迎春 雪冤の柏手(かしわで)高く初御空(はつみそら)   ひろし

皆様のご支援のお陰で、昨年3月10日に最高裁で、逆転無罪判決を頂きました。
年賀状では、多くの方からねぎらいの添え書きを頂き感謝しています。添え書きの一部を紹介します。

〇無罪報道、TVで知って、大変嬉しく、感動しました。改めておめでとうございます。
〇長期の苦悩と闘い、そして勝利、掛ける言葉が見つかりません。あの日、一番にS君から連絡があり、「ありがとう」のひと言でした。
〇真実を貫かれたお姿に感動し、嬉しく、涙しました。
〇大変でしたが、一本の道筋を作って下さり感謝です。
〇広島でのシンポジウム(周防監督などと出られた会)に母が行かせて頂きました。とても勉強になったと申しておりました。
〇煙石さんの無罪を墓前に報告しています。主人が生きていれば…と思いますが、本当に良かった!
〇本当におめでとうございました。 「冤罪の晴れて輝く大初日」
〇こういった経験をされた事を多くの人に知って頂きたいです。
〇無罪判決にホッとしました。辛い年月を過ごされた事に心から同情申し上げます。他にもおかしな司法判断が増えているようで、国全体のありようとして危惧しています。
〇北の地での生活も丸5年になります。正しいことに応援しています。
〇テレビも拝見。煙石さんの頑張りに涙が出ました。
〇長い間よく頑張られました。その社会的意義は大きかったと思います。

私の事件はこれで終わったわけではありません。
昨年10月13日には、中国地方弁護士大会で、「フェアな刑事手続きを目指して~人質司法と取り調べ・接見における問題点~」というシンポジウムに参加して私の体験等を話しました。
また、11月7日には東京での全国冤罪事件弁護団連絡協議会 第26回交流会 ~防犯カメラと冤罪―監視社会化を考える~に参加して、3名の冤罪被害者(私もその一人)と、それぞれの弁護士が、体験や問題点などを話しましたが、いずれも、日本の司法がフェアでない事と、最近は、防犯カメラによって、冤罪が増えている事が大きな問題になりつつあることを知りました。私の事件も、こんな不正義な事がある訳はないと思っていましたが、多くの人が知らないうちに、正義に反する様な事がまかり通り、ひそかに犠牲者が増えていて「あの人は、たまたま運が悪かったんだろう。」とか、他人事だとして、関わらないで見過ごされていくうちに、あってはならない事がまかり通ってきたものではないかと思います。

去年の12月2日(土)の毎日新聞で、広島県が防犯カメラの設置や運用に関して策定中のガイドライン案について、県民の意見を募集している事を知りましたので、私のような被害者を出さないようにと思い、勇気を出して、12月25日に、広島県に意見を提出させて頂きました。これについては、Enseki-news号外012をご覧下さい。
ルポライターの片岡健さんもEnseki-news号外012をご覧になって記事にして下さっています。
今年の私の年賀状を添付します。

謹賀新年
ご支援を頂いた皆様のお陰で、今年は平穏なお正月を迎える事ができ、心よりお礼を申し上げます。
思えば、家族も巻き添えにした地獄の5年間でした。そもそも、私はお金を盗ってもいないのに、「防犯カメラに証拠が映っている」等と言って逮捕され、証拠もない(私の指紋もついていないし、防犯カメラの映像にも、私がお金を盗っている映像は全くない)のに地裁で有罪。高裁では、専門会社の鑑定で、防犯カメラの映像から、私が封筒にさわっていない事を明らかにしたのに有罪という不当判決を受けました。
最高裁に上告し、昨年3月10日に逆転無罪の判決を勝ちとることができました。
今後は私の様な冤罪の被害で人生を失う人が出ない事を切に願いますが、その為に、私の事件の真実を一人でも多くの方に口コミで語り続けて頂く事も、冤罪被害の防止につながると思っております。**なお、「煙石博さんの無罪を勝ちとる会」のメンバーが、私のホームページhttp://enseki. noor.jp/を作ってくれています。こちらをご覧頂くと、これまでの経過や真実をご理解頂けると思います。多くの皆様にご心配、ご支援を頂きながらお礼を尽くせない皆様も沢山あり、申し訳ないと思いつつお許しを請うばかりです。

神仏戻り賜ひし初詣    ひろし

真実は正義の剣黄水仙   ひろし

                                    煙石 博

2018年1月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

私の冤罪についての東京新聞の記事・・・

2017年12月1日   私の冤罪についての東京新聞の記事・・・

早くも師走、今年は本当にバタバタしました。2月17日、最高裁判所での弁論に始まり、3月10日には、息の詰まるプレッシャーの中で、最高裁でのあの逆転無罪の判決。

その後、「ありがとうございました。お世話になりました。」の日々が始まり、友人、知人、クラス会、同窓会等の集まりでは、お礼や、無罪判決のご報告に努めましたが、気が付けば師走。ご心配、ご支援を頂きながら、お礼を尽くせない皆さんも沢山あり、申し訳ないと思いつつお許しを請うばかりです。

本当にバタバタした1年でしたが、ふと思うと、バタバタした筈、今年は、トリ(・・)年でもありました・・・と言うのも今は、とり(・・)肌ものの、言い古されたジョークでしょうか・・・。

ところで、この間、小学校の同級生で、まだ現役で頑張っているWさんが、「私も、煙石さんと同い年ですから、世界けんじん会です。※この場合のけんじん会は、勿論、賢人会ではなく、犬年生まれの人・・・犬人会、という、昔から私がよく使っているジョークです。
「私も世界犬人会ですから、来年は、年男で、歳も歳ですから、ええ事がある(良い事がある)か、ぽっくりいくかです。ハッ・ハッ・ハッ」とブラックジョーク・・・私も苦笑しました。
 ————いやいや、お互いに、ぽっくりいかないように、食えるうち、飲めるうち、歩けるうち、頑張りましょう。とにかく「延寿万歳」(えんじゅばんざい)で、ぼつぼついきましょう。
※延寿万歳は、昔、私の尊敬した方に教えて頂いた言葉で、寿命を延ばし、いつまでも生きられる様にという願いの言葉です。

ところで、11月7日に日本弁護士会主催の「防犯カメラと冤罪・・・」で、東京に行き、冤罪の報告をしましたが、その時、参加者に配られた報告資料(私を含め3人の冤罪被害報告と、研究者報告)より、私の話した内容をまとめたもの(一部、わかりやすいように加筆しました。)と、弁護士・久保豊年先生の「銀行内の防犯カメラ映像により原審有罪、最高裁逆転無罪となった事件の概要」、それに、この報告会を受けて、東京新聞が、私の冤罪報告を取り上げて、「防犯カメラと冤罪・・・」について、11月22日に特集記事にしていますので、これも添付致します。

                                              煙石 博

資料(各下線部クリックで資料が開きます)
●全国冤罪事件弁護団連絡協議会
 第26回交流会資料(2017年11月7日 東京霞が関・弁護士会館にて開催)
  <銀行内窃盗誤認事件>
    ・煙石博資料
    ・久保弁護士資料

東京新聞掲載記事(2017年11月22日掲載)

 

 

2017年12月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

日本弁護士連合会主催の「防犯カメラと冤罪―監視社会を考える」に参加

2017年11月15日   日本弁護士連合会主催の「防犯カメラと冤罪―監視社会を考える」に参加

日本弁護士連合会主催の「防犯カメラと冤罪―監視社会を考える」に、弁護士の久保豊年先生と参加。東京で事件報告等して参りました。私と家内は、前日の6日、東京に入りましたが、折からトランプ米大統領が来日中で、東京駅を始め、東京都心部は、ものものしい警備体制の中にありました。トランプさんは、翌11月7日(火)の、私達の交流会当日には、次の訪問国、韓国へ向かいました。それにしても、トランプさんは、私と同じ犬年生まれのケンジン会(犬人会←私のジョークです)で、71歳。うらやましい程元気です。私も、まだまだ元気で頑張らなければ・・・と思います。

シンポジウムプログラム(拡大可)

 会場は、東京千代田区霞が関の弁護士会館でしたが、ここは、その昔、徳川八代将軍吉宗の時代、大岡越前守の屋敷跡だそうで、名奉行に思いを馳せながら、弁護士会館の広い階段を2階へと上がりました。会場には、会員・研究者・マスコミ・一般の参加者およそ70人の来場者と、15の弁護士会と、テレビ会議の接続をしての交流会でした。司会は、全国冤罪事件弁護団連絡協議会委員の泉澤章先生と、全国冤罪事件弁護団連絡協議会座長の今村核先生でした。今村先生は、NHKテレビの特別番組で、困難な冤罪事件に取り組む弁護士として、その生きざまが紹介されました。私も見て感動しましたが、多くの方々に注目されている先生で、心強いばかりです。 

 私の事件は、3つの冤罪事件報告の最初の報告となりました。私は、「防犯カメラと冤罪―監視社会を考える」というテーマについて、最も大事な事は、「防犯カメラの映像は、科学的に分析・解析をして、公正・中立に検証する事が大前提」で、私のケースは、「刑事のずさんな判断や、私を犯人に仕立て上げる為に都合の良いほんの一部だけを見て、こじつけ、常識ではありえない、乱暴で無茶苦茶な濡れ衣を着せられたものであった事」を報告しました。

 とにかく、防犯カメラの映像は荒いものであっても、私が66,600円を封筒から抜き出している映像は全くない事。持ったとされた封筒にも、私の指紋がついていない事。左手で左胸のポケットに金をねじ込んだとしたシャツには、ポケットがない事が、防犯カメラの映像で確認できた事等々を報告しました。
 (報告の詳細はこちらをクリック → 「H銀行O支店窃盗誤認事件」報告資料)

 ところで「江戸と背中を見て死にたい」という言葉があります。昔は、多くの人が、江戸の都を見ることもなく死んでいましたので、こんな言葉が生まれたのでしょう。私ども夫婦も、もう東京に行く事もないだろうと思い、このチャンスに、当世、東京のシンボルとなったスカイツリーに上りました。また、11月7日(火)は立冬で、冬の始め・・・

    スカイツリーに雲行く秋を惜しみけり     ひろし
    紫に明けし帝都の冬はじめ          ひろし

※旧暦の暦を見ると11月20日(月)が旧の亥(い)の子(こ)餅、炉開きとあります。いよいよ、冬の寒さへ向かいます。我が家もこたつ・あんかなど冬の暖房器具を出しました。寒さに負けずご自愛下さい。
                                   煙石 博

2017年11月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien