煙石博のブログ

煙石博さんはある日突然に謂われなき罪に問われ、苦しんでいます
この苦しみは彼一人だけではなく、家族の皆さんも地獄の苦しみを
味わっています
このブログでは、その時々の彼の思いを綴っています

ブログ一覧

日本弁護士連合会主催の「防犯カメラと冤罪―監視社会を考える」に参加

2017年11月15日   日本弁護士連合会主催の「防犯カメラと冤罪―監視社会を考える」に参加

日本弁護士連合会主催の「防犯カメラと冤罪―監視社会を考える」に、弁護士の久保豊年先生と参加。東京で事件報告等して参りました。私と家内は、前日の6日、東京に入りましたが、折からトランプ米大統領が来日中で、東京駅を始め、東京都心部は、ものものしい警備体制の中にありました。トランプさんは、翌11月7日(火)の、私達の交流会当日には、次の訪問国、韓国へ向かいました。それにしても、トランプさんは、私と同じ犬年生まれのケンジン会(犬人会←私のジョークです)で、71歳。うらやましい程元気です。私も、まだまだ元気で頑張らなければ・・・と思います。

シンポジウムプログラム(拡大可)

 会場は、東京千代田区霞が関の弁護士会館でしたが、ここは、その昔、徳川八代将軍吉宗の時代、大岡越前守の屋敷跡だそうで、名奉行に思いを馳せながら、弁護士会館の広い階段を2階へと上がりました。会場には、会員・研究者・マスコミ・一般の参加者およそ70人の来場者と、15の弁護士会と、テレビ会議の接続をしての交流会でした。司会は、全国冤罪事件弁護団連絡協議会委員の泉澤章先生と、全国冤罪事件弁護団連絡協議会座長の今村核先生でした。今村先生は、NHKテレビの特別番組で、困難な冤罪事件に取り組む弁護士として、その生きざまが紹介されました。私も見て感動しましたが、多くの方々に注目されている先生で、心強いばかりです。 

 私の事件は、3つの冤罪事件報告の最初の報告となりました。私は、「防犯カメラと冤罪―監視社会を考える」というテーマについて、最も大事な事は、「防犯カメラの映像は、科学的に分析・解析をして、公正・中立に検証する事が大前提」で、私のケースは、「刑事のずさんな判断や、私を犯人に仕立て上げる為に都合の良いほんの一部だけを見て、こじつけ、常識ではありえない、乱暴で無茶苦茶な濡れ衣を着せられたものであった事」を報告しました。

 とにかく、防犯カメラの映像は荒いものであっても、私が66,600円を封筒から抜き出している映像は全くない事。持ったとされた封筒にも、私の指紋がついていない事。左手で左胸のポケットに金をねじ込んだとしたシャツには、ポケットがない事が、防犯カメラの映像で確認できた事等々を報告しました。
 (報告の詳細はこちらをクリック → 「H銀行O支店窃盗誤認事件」報告資料)

 ところで「江戸と背中を見て死にたい」という言葉があります。昔は、多くの人が、江戸の都を見ることもなく死んでいましたので、こんな言葉が生まれたのでしょう。私ども夫婦も、もう東京に行く事もないだろうと思い、このチャンスに、当世、東京のシンボルとなったスカイツリーに上りました。また、11月7日(火)は立冬で、冬の始め・・・

    スカイツリーに雲行く秋を惜しみけり     ひろし
    紫に明けし帝都の冬はじめ          ひろし

※旧暦の暦を見ると11月20日(月)が旧の亥(い)の子(こ)餅、炉開きとあります。いよいよ、冬の寒さへ向かいます。我が家もこたつ・あんかなど冬の暖房器具を出しました。寒さに負けずご自愛下さい。
                                   煙石 博

2017年11月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

中国地方弁護士大会シンポジウム  ありがとうございました

2017年11月1日  中国地方弁護士大会シンポジウム  ありがとうございました

 先日はANAクラウンプラザホテル広島での中国地方弁護士大会のシンポジウムに弁護士さんは勿論、多くの一般参加も頂き、会場は満席となりました(事務局発表:445名)。
 ホッとすると共に嬉しいエネルギーを頂く事ができました。皆様に心からお礼を申し上げます。
 このシンポジウムに続いて、今度は日本弁護士会主催の全国冤罪事件弁護団連絡協議会の交流会に参加し、弁護士の久保豊年先生の報告と、私は、私の冤罪の場合、防犯カメラがどうであったか真実を報告する事になっています。
 この交流会のテーマは「防犯カメラと冤罪-監視社会化を考える」です。
日時は、11月7日(火)13:00~17:00で、会場は東京霞が関の弁護士会館ですが、参加費無料、事前申し込み不要です。東京にお知り合いの方がいらっしゃれば、PRをお願いします。

 ところで11月は、7日が立冬で、暦は、早くも冬を告げますが、自然界は、今年のフィナーレに向けて、つかの間の美しき紅葉を演出し、私共の目も心も癒してくれます。

 近所で、もう石蕗(つわぶき)の花が咲き始めているのを見かけました。

     露の世を生くる孤独や石蕗(つわ)の花     ひろし

 広島のおでんの老舗○○○さんが閉店されて、本当にさみしくなりました。
 辛い裁判が続いている時に、夫婦で立ち寄った時の一句です。

     逆境を味(あじ)はふ妻とおでん酒       ひろし

                                        煙石 博

2017年11月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

2017年10月4日   10月13日(金)シンポジウムにご参加を・・・

2017年10月4日   10月13日(金)シンポジウムにご参加を・・・

 9月の終わりから10月の始めにかけて、梅雨の様にお天気がぐずつく秋の霖雨→秋霖という季節現象がよくありますが、今年は、そのパターンになった様です。このお天気のパターンは、大体10月7日か8日頃まで続き、10月10日は、概ね秋晴れの天高く、爽やかな秋の到来となる様です。

 思い出せば、1964年の東京オリンピックの開会式は、このお天気パターンを見込んで、10月10日にされた様ですが、開会式の10月10日は、10月初めまでぐずついていたお天気が終わり、素晴らしい日本晴れの秋空に恵まれました。当時、私は高校生でしたが、日本の空の青さに改めて感激し、オリンピックのオープニングに感動したものです。今年の秋もステキな季節である事を願います。

ところで、10月4日は十五夜、仲秋の名月。

十五夜の母の団子の大きかり   ひろし

 「月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月」というのを思い出しました。私が若かった頃、飲み屋の借金、つまりツケがありまして、「月々にツケ見る月は多けれど、ツケ払う月は、この次の月」???というジョークが身につまされたものです。
 しかし、この秋は大変です。これまでになかった様な大波乱の政界、選挙戦、そしてその後・・・。また、プロ野球では、まだまだシーズン最後の行方も気にかかりますし、カープのこの後の事も気がかりでしょう。

 そんな、あれやこれやの合間に開かれるシンポジウムとなりましたが、私の様な冤罪の被害者を、私のあとに、一人でも出さないように、どうか、10月13日金曜日は、お誘い合わせの上、ご参加を頂ければと思います。私も、シンポジウム当日に向けて、今、大変お忙しい新聞・テレビのマスコミの皆様にも、各社をお訪ねして、シンポジウムへご協力下さる様お願いしております。よろしくご理解下さり、ご支援をお願い致します。

煙石 博

 

シンポジウムの詳細は下の画像をクリック、又は印刷してご確認下さい。

           ↓  ↓  ↓

        

      中弁連シンポジウムポスター(A4サイズ) 

2017年10月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

祝カープV8  ~一杯一杯復(また)一杯~

2017年9月19日          祝カープV8  ~一杯一杯復(また)一杯~

 広島カープ8度目のリーグ優勝に乾杯‼です。
 今年のカープは、昨年よりも磨きがかかって本当に強かった。郵便ポストが赤いのも、消防自動車が赤いのも、みんな気になる赤ヘル旋風で、とどまる所を知りませんでした。私の目には、その強さは、他チームが、みな弱くなってしまったのか、それとも、弱いのではなく、野球が苦手になったのかと思わせるようにも見えました。今年こそ日本一の美酒にも酔わせてほしいものです。

 ところで、カープが甲子園球場でV8を決めた日は、9月18日(月)の敬老の日でした。私と家内は、知人が出演する「長寿いきいき!元気はつらつ!『第9回尺八・箏・三絃コンサート』」に行きました。敬老の日にちなんだコンサートでしたが、台風18号が日本に上陸して、お天気が大変心配され、やきもきしましたが、当日は、台風一過の好天に恵まれて、爽やかな秋空が広がりました。

 ところが、せっかくの晴れのステージは、待たされていたカープの、優勝決定の一戦と同じ日、ほぼ同じ時間になってしまいました。しかし、コンサートの会場は、出演者と応援の家族、息子夫婦、娘夫婦に、お孫さん達の熱気で溢れていて、敬老を祝う温かいコンサートになりました。

 最後に、出演者のご長寿の方々に、お祝いの花束が贈られましたが、なんと80歳以上の男性が何人も元気に尺八を吹かれ、最高齢は、96歳まぢかの男性が、見事な尺八演奏をなさっておりました。尺八は、息を大きくすったり、吐いたりするので、この腹式呼吸が健康にいいのでしょうね。

 長息(ながいき)は、長生きに通ずる・・・尺八でしょうか。涼しすぎるダジャレですが、尺八だけに、108は、軽く長生き出来るでしょう。
 とにもかくにも、「カープはV8、ワシらぁ~尺八」・・・の日じゃった。

 コンサートが終わって、夕方、試合の終盤からテレビで様子を見て、優勝の胴上げに、拍手、拍手、また拍手。乾~杯‼  ~一杯一杯復(また)一杯~

 

 しかしまぁ、昔の優勝の時ほだぁ~ないが、街は赤ヘルフィーバーしとりますのう。
白玉の歯にしみ通る秋の夜は、酒は、ほどほどに飲まにゃ~いけませんでぇ・・・ワシもじゃが。

                              煙石 博

2017年9月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

シンポジウムに参加します

2017年9月2日  シンポジウムに参加します

           新涼(しんりょう)のネクタイかたく結びけり    ひろし

 新涼とは、秋らしさを感じる涼風や涼気が肌に爽やかさをもたらして生ずる「新たに涼し」という季感・・・と歳時記にありますが、上記の句は、今から50年前、20歳の頃の私の拙句です。毎年、この季節を迎えると、回顧する一句で、70歳の今も、その若き日の頃の事を、切なく・・・思い出す事です・・・。
 3月10日に、最高裁で無罪判決を勝ちとってから、何が何だか、本当にバタバタしているうちに半年が・・・。
 しかし、昂った気持ちが静まっても、最初から思っていた事ですが、私の身の上に降りかかった理不尽な、とんでもない災難は、誰にでも起こり得るという事で、許せない問題であると憂慮しています。
 先だって、無罪を勝ちとって下さった弁護士の久保豊年先生が、10月13日(金)の、中国地方弁護士大会でのシンポジウムのパネリストとしての参加に、お声をかけて下さいました。久保先生はコーディネーターです。シンポジウムについては、私のホームページ「煙石博さんの無罪を勝ちとる会」のトップページの「お知らせ」に「Enseki-news 号外-005」として、詳しく紹介してあります。入場無料です。
 私の様な冤罪の被害者を一人でも出さない事につながる様に、お誘い合わせの上、多くの皆様にご参加頂ければと思います。

        秋の蚊を打つや心を鬼として   ひろし         
                               煙石 博

 

        中国地方弁護士大会 シンポジウム

日    程     2017年10月13日(金)9:30~12:00
会    場     ANAクラウンプラザホテル広島 3階 オーキッド
              広島市中区中町7-20 TEL 082-241-1111
テ  ー  マ      フェアな刑事手続きを目指して  ~人質司法と取調べ・接見における問題点~ 
基 調 報告    指宿  信 (成城大学法学部教授)
パネリスト     指宿  信 (成城大学法学部教授)
          煙石   博  (RCC中国放送 元アナウンサー)
          周防  正行 (映画監督) 映画「それでもボクはやっていない」監督
          小坂井 久  (日弁連・取調べの可視化実現本部・副本部長)
          井上 明彦 (広島弁護士会会員)
コーディネーター  久保  豊年 (広島弁護士会会員) 煙石博さんの上告審の弁護士
参  加   費   無料
主    催     中国地方弁護士会連合会・広島弁護士会
問  合   先   広島弁護士会 TEL 082-228-0230

2017年9月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien