煙石博のブログ

煙石博さんはある日突然に謂われなき罪に問われ、苦しんでいます
この苦しみは彼一人だけではなく、家族の皆さんも地獄の苦しみを
味わっています
このブログでは、その時々の彼の思いを綴っています

ブログ一覧

TBS特番「1番だけが知っている」視聴ありがとうございました

 

2018年5月21日     TBS特番「1番だけが知っている」視聴ありがとうございました

先日のTBS特番「1番だけが知っている」は、私のような被害者が出ない事を願って協力したものですが、多くの方からの反響があり、警察や司法に対する厳しい意見や怒りがたくさん寄せられました。

再現ドラマはよくできていました。ドキュメンタリーではないので・・・ここは・・・と
思うところがありました。しかし、私の怒りの部分は、よく出ており、一般向けにわかりやすく構成されていました。真実はもっとひどく、無茶苦茶でした。しかし、よくぞ私の事件を、時間もかなり取って、全国ネットの番組で取り上げて頂きました。それ程、私の冤罪事件は、大きな問題であり、警鐘を鳴らす必要があるという事だと思います。取り上げて下さった事に感謝し、関係スタッフの皆様の、数々のご苦労、ご尽力にお礼を申し上げます。

私の後に、私のような被害者が出ないように願うばかりです。ご支援下さった皆様にも心よりお礼申し上げます。

以下、私が体験した真実の部分の断片です。
 そもそも、2012年10月11日朝、突然、刑事二人がやって来て、「銀行の(小さな)支店で、客が置き忘れた(とする)封筒(お札が入るサイズのもの)を盗って、7~8歩あるいたあたりで、左手で左胸のポケットに金をねじ込んだ。」と・・・「そして、また7~8歩戻って元の記帳台の同じ場所に、市・県民税の納入書だけ残った封筒を戻した。」という奇妙な犯行ストーリーを作っており、「防犯カメラの映像に証拠が映っている。」として逮捕しようとしました。 
私は全く身に覚えのない事で、盗っていないと必死に主張しました。「防犯カメラの映像に証拠が映っていると言うのなら、それをここに持って来て見せて下さい。」と何度も頼みましたが、刑事は「見せるわけにはいかない。」と言って見せてくれず、逮捕状の呈示も無く逮捕し、広島県警南警察署に連行して、私は留置場に28日間勾留されました。

警察での取り調べは、初めから取り調べではなく、刑事が私を犯人に仕立て上げる為に作った犯行ストーリーに合うように強引に誘導し、自白ばかりを迫られました。最初、机を叩いたり押したりして・・・身が縮み上がるような、もの凄い恐怖感を覚えたので、面会の時、その事を弁護士に言うと、翌日からは机は叩かなくなりましたが、声や態度で威圧的に迫り、とても怖いものでした。私が声がかれるほど盗っていないという事を説明しても、それを全く調書には記入してくれず、「それだけ好き勝手なことを言うたら気分がスッキリしたろう。ほいじゃが、お前は犯人じゃ。マスコミが報道したけぇ、世間は皆、お前が窃盗犯じゃ思うとる。お前は嘘ばっかり言うとる。」と私の訴えは聞いてもらえませんでした。

結局、防犯カメラの映像を見せられたのは、示談をしない事に決めた後、警察では、10月28日、検察では29~31日で、しかも何カットかの短い映像を見せられましたが、お金を盗っている映像はありませんでした。
 大体、お金を盗るなら、お金の入った封筒ごと持って帰るし、証拠となる、指紋がついているかも知れない封筒を、わざわざ戻すことはしません。

また、検事は、警察の誤りをチェックする役目もあると学校で習っておりましたのに、刑事が、善良なる一市民の私に無茶苦茶な事をしているので、「刑事が間違っているので、もう一度よく調べて下さい。」とお願いし、一生懸命無実を訴えましたが、検事は「お金を盗ったか盗らないかは別にして、(私が盗ったと一方的に決めつけて)66600円にイロを付けて、きりのいいところで10万円くらい払えばすむ事です。」と、全く私の主張を聞いてくれない。そして、「煙石さんが、お金を盗っていないと主張するのは王道です。」と言って、机の上の白い紙にまっすぐな線を描き、「検事としては・・・」と言いながら、カーブの線を描き、「検事としては、お金を払って事を収める示談を勧めます。」さらに、「盗っていないと主張して裁判をしても、99.9%は有罪になる‼」と、豪語して脅迫し、「裁判をすると、死ぬまで裁判をする事になります。それで人生をダメにした人がたくさんいます。」等と言いました。
「ええーっ!そんなバカな、私は、真実お金を盗ってもいないし、盗った証拠がありうるはずがないのに・・・。」私は検事の発言に、日本の警察・検察に対する絶望的な思いを持ち、その現状に背筋が凍る思いがしました。

 裁判になって、防犯カメラをチェックしても、当然お金を盗っている映像は無かったし、しかも、お金を盗ろうとすれば、最初、問題の封筒にお金が入っているのを、中を覗いて発見している映像が無ければならないのに、それも全く無い。さらに、封筒にも納入書にも私の指紋はついていませんでした。

 私が、広島地裁・高裁で、身をもって体験した事は、日本の司法は壊れているという事でした。裁きは、崇高で高潔な方々の判断だと思っていましたが、実は、非科学的で、論理的でない、裁きとは思えない、信じられないものでした。それは、最初から私を犯人と決めて、有罪という答えになるように、小理屈、屁理屈を重ねて、一般常識では考えられない作文を書いて有罪にするというものでした。これが、日本の司法は、逮捕、起訴されると99.9%は有罪という、大問題の数字の原因だと思います。法治国家ではあり得ない事と絶望しました。

それにしても、私の身に起こった事は、同じパターンで誰の身にも起こりうる、いや、誰でも被害者にされるという大変な問題です。私の後に、私のような被害者が出ない事を切望するばかりです。

最後に、最高裁では、防犯カメラの映像にお金を盗っている証拠はないとして、「広島地裁・高裁の判断は、著しく正義に反するので、無罪‼」という、奇跡の逆転無罪判決でした。
しかし「99.9%は有罪」というのは、たくさんの冤罪が含まれており、大、大、大問題だという事を、身をもって知りました。絶対に改革してほしいと思います。                煙石 博

 

2018年5月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

TBS特番で放送  煙石博冤罪事件  見て下さい

 

2018年5月2日 TBS特番で放送  煙石博冤罪事件  見て下さい

最高裁での無罪判決が出て1年を過ぎましたが、失ってしまったものは、あまりにも大きく、壊されたグラスは元には返らない憤りと悔しさが消えません。少しでも私の人権の回復の為にならないかと色々バタバタしてはみますが、なかなか大変なものがあります。私の冤罪事件については、この3月にRCC中国放送が、無罪判決が出て1年として、特集で放送してくれましたが、これまで、東京の放送局から、ラジオ番組がひとつ、いくつかのTV番組から出演協力の依頼がありましたが、色々複雑な思いがあり、どれもお断りしてきました。

しかし、胸中には、常に私の身に降りかかったこの冤罪事件は、私だけの問題ではなく、同じパターンでこれがなされると、一般市民の誰でもが、いくらでも私の様な被害にあってしまうというそら恐ろしさを抱いておりました。再度、似た様な被害者が出て、自白したり、示談したりして人生を失い、泣き寝入りする事が無いように願うばかりですが、私の様な被害者が私の後に出ない為に、私の身に起こった、あってはならない真実を忘れて頂かない様にと思うのです。

ところが、「よかったですね。」と言って下さる方の中に、私の事件の顛末を詳しく知らない方もあり、具体的に真実を話すと改めて驚かれるのです。そんな訳で、身に降りかかった事件をかいつまんで私のホームページのブログの中に書いてきたもの(おととし2016年の10月頃から翌年3月10日最高裁の無罪判決が出る前まで書いています。)を改めてまとめて書きますと、・・・

 


 

私は身に覚えのない66600円の窃盗犯に仕立て上げられて、警察では証拠が無いのに信じられない理不尽な自白(お金を盗ってもいないのに盗ったと認めろという)を迫られ、検察では、「警察の間違いを指摘して下さい。」と私が懇願するのに、「盗ったか盗らないかは別にして、66600円に色を付けて、10万円位お金を払えば済むんです。」と、ひたすら示談を勧める検事に驚愕。結局、広島地裁と広島高裁での裁判は、正義と真実の女神(西欧の司法の歴史の中で、大切にされなければならない理念としてある様で、司法を勉強された方々は初学の頃習われるらしいのですが、)この正義と真実の女神の手足を縛って留置場に入れ、裁きの理論を構築していったようなもので、何が何でも有罪ありき(日本の司法は、逮捕、起訴されると有罪率99.9%という問題とされる数字は、それを物語っているものだろうと思います。)の裁判とは、有罪へのエスカレーターでした。

 


 

・・・私が体験した事を分かりやすく申し上げると以上の様になります。

それと、東京キー局への番組出演を複雑な思いの中にお断りしてきましたが、この度、TBSの特別番組で、東京で「行列のできる法律・・・」でよく知られている北村晴男弁護士が出演される「一番だけが知っている」という番組に、最高裁で無罪を勝ちとって下さった久保豊年弁護士とVTRで出演します(すでに収録済み)。制作スタッフも出来るだけ真実に基づいて番組作りをして下さる様ですが、とにかく、私の様な被害者が私の後に出ない事につながる様な内容となる様お願い致しました。

番組では、どなたかが私の役とそれぞれの役を演じる再現ドラマがあるそうです。そこは、ドキュメンタリーではないので、私の体験した真実通りではない部分もあるかもしれませんが、今後、私のような被害者が出ない事を願って、多くの方に見て頂きたいと思います。

TBS特番「一番だけが知っている」 
日時 5月9日(水)21:00~23:07
TBS系列で放送されます。 (広島ではRCC中国放送で放送)
※私の事件は30分位扱われるようです。

知り合いの方にも是非見て頂くよう広めて頂ければと思います。
煙石 博

 

 

2018年5月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

春になって

 

2018年4月1日   春になって

春になって出かける事も多くなり、出かけた先で、「良かったですね。」と声をかけて下さる方が増えました。
デパートのエレベーターで、たまたま同乗したある中年すぎの男性から「よく頑張られましたね・・・。」と声をかけられ、私が「ありがとうございます。しかし、無罪で当たり前なんです。今でも私は怒りがおさまりません。許せないんです。」と言うと、その男性は「あんな事で、よく立件したと思いますよ。おかしいですよね。」と言われました。「そうなんですよ、私がお金を盗った証拠も無いのに・・・おかしすぎますよ。」

今年は、例年より随分早く桜が開花し、しかも、一気に満開へ・・・。大体この時期は、「春に三日の晴れなし」という言葉通り、桜に無情の雨が降って、落花を早めたりするものですが、今年は、春には珍しく記録的な晴れの日が続いて、お花見日和に恵まれました。さぞや、お花見弁当などもよく売れて、お花見経済効果も充分あったのではないかと思います。私も、去年は、無罪判決を受け、久しく無かった晴れやかな桜に逢う事ができました。RCCテレビの特別番組「私は無実です」(放送は2017.4.28でした)のラストシーンで、私の家から近い花見所、比治山の、広島湾も一望できる富士見展望台(広島湾に浮かぶ似島の姿が、小さな富士山の様な良い形なので、安芸の小富士と名付けられていますが、それが望める所なので、富士見展望台)での、私と家内の二人で、ささやかにお花見をさせていただいた日の事を思い出しました。その時の句。

   雪冤(せつえん)の空を気儘(きまま)に花吹雪く   ひろし

長く続いた花見日和に誘われ、今年も、去年と同じ富士見展望台で、知人と、私共夫婦が、お花見のひとときを過ごしました。そこで、私に話しかけてきた男性が、「よく頑張られましたね。私もほっとしました。」さらにその方は、「私の知り合いに、女性のお尻をさわったとされ、身に覚えのない濡れ衣を着せられて、大変な目に遭った人を知っています。彼は絶対にそんな事はしていないのに、大変な目に遭ったのです。煙石さんも大変でしたが、私も、本当に良かったと思いました。」と言われました。
私は、こんな身近に冤罪被害者がいる話を聞かされて、やはり、身に覚えがないのに、自白を強要され、示談を迫られ・・・人生を失ってしまった方々が多いという事を、改めて想う次第でした。

   花疲れ未(いま)だ纏(まと)へる何や彼や   ひろし

花見の後、お酒をそんなに飲んだつもりは無いのに、我が家に帰り、バタンQ。
年々、酒が弱くなっていくことが淋しい・・・。
煙石「わしゃ~(私は)今頃、酒を飲んだら、よぉ(よく)酔う様になったけぇ、面白ぅ無いんじゃ。」
お店のママ「酒を飲んだら酔うのは当たり前ですよ。酔うのはいいじゃないですか・・・。」
煙石「いやいや、わしゃ~若いころから、酒を飲んでも、酒にも負けず、飲んだら元気になりよったけぇ(なっていたから)、酒が愉しかったのに・・・。酔うちゃ~さえんよ(よくないよ)」

   花の下寄る年波の酒を酌め   ひろし

                                     煙石 博

 

2018年4月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

あれから1年

2018年3月10日      あれから1年

 最高裁での無罪判決が出たのが、昨年の3月10日でしたが、早いもので、1年。東京に向かう新幹線の車窓から、雪を頂いたとても美しい富士山がくっきりと見え、「白さも白し富士の白雪。私は無実です。」と心でつぶやき、よき判決を祈りました。 最高裁は、私に対しての一審・二審の有罪判決をくつがえして、「~被告人に窃盗罪の成立を認めた第一審判決及びこれを是認した原判決には判決に影響を及ぼすべき重大な事実誤認があり、これを破棄しなければ著しく正義に反すると認められる。~被告人に無罪の言渡しをすべきである。
 私は、天地に誓っても、66600円を盗ってもいないのに、盗った証拠も無ければ、疑わしくもないのに、広島地裁と、広島高裁の信じられない「懲役1年、執行猶予3年」という、私にはショッキングな有罪判決を二度も受けており、司法に対する不信感は、憤りと怒りと共に私の身にうず巻いておりました。最高裁の判決は、心臓が止まってしまいそうな程の緊張の中で受けました。
 最高裁では、正義と真実に基づいた公正で良識ある判断を頂き、4年5か月にわたった長い闘いを終えました。改めて、長い間ご支援頂いた多くの皆様に心よりお礼申し上げます。

 その後、10月13日には、皆様にもご協力・ご支援を頂きましたが、中国地方弁護士大会のシンポジウム「フェアな刑事手続きを目指して」にパネリストとして参加。
11月7日には、東京で、日本弁護士連合会主催の全国冤罪事件弁護団連絡協議会 第26回交流会「防犯カメラと冤罪-監視社会化を考える」に参加して、私の冤罪事件の真実を報告しました。
私は、私だけではなく家族や友人・知人まで巻き込んでの苦しい体験から、日本が冤罪大国になりつつある事を知り、逮捕、起訴されると99.9%は有罪という有罪率には大きな問題があるという事も知って憂慮しています。私の後に私の様に濡れ衣を着せられて苦しむ方が出ないよう強く願います。私の身に起こった事は、私だけの事ではなく、私がされたのと同じパターンで、誰でも同じ目に遭うということです。安心して暮らせる日本になる様に襟を正してほしいと心から願っています。

    真実は正義の剣黄水仙     ひろし

 思い起こせば、昨年の4月、TVの取材に応じた、我が家の近く、広島の花見どころ比治山でのロケ・シーンがありました。そこは、明治28年、正岡子規が来広の時、平和な時代の広島を詠んだ一句
「鶯(うぐいす)の口のさきなり三萬戸 子規」の句碑がある冨士見展望台(安芸の小富士・似島が望める展望台)でした。その時詠んだ一句

    雪冤(せつえん)の空を気儘に花吹雪く   ひろし

あ~、今年も桜に逢えて良かった・・・また来年も・・・。「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人又同じからず」と言いますが、それでも、毎年元気で、桜と逢いたいものです。皆様も佳き春に出逢われますように・・・。私が作詞した「比治山慕情」もカラオケで・・・よろしくお願いします。

    菜の花や遊ぶ綿雲ちぎれ雲   ひろし                   

※3月12日(月)18:15~のRCCTV「ニュース6」の中で、緊急事件が入らなければ…私の事件に関して、記者レポートがある予定です。是非、クチコミでもPRしてご覧いただければと思います。
                                         煙石 博            

2018年3月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(案)に対する意見募集の実施結果

2018年2月5日  防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(案)に対する意見募集の実施結果

私は、昨年12月25日に「 防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(案)」に対する意見を広島県に提出しましたが、今年1月に意見募集の実施結果について、  
広島県警察のホームページ 
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/police/boukame-guidelines.html
 に 報告がありました。意見を提出したのは5人で、12件あり、私の意見に関しても、意見内容と対応・考え方が示されていました。その結果報告は資料として参考までに別添します。

結果報告資料はこちらをクリック  →  ガイドライン意見募集実施結果

 

私の意見に関しては、意見の内容と対応・考え方の番号の5・6・7・8に掲載されています。しかし、私の意見に対しての答えは、私の真意に応えて頂けていません。
番号5 【撮影された画像の適正な管理】について、
 私の意見は、
「6(2)画像の複写,加工」に,「警察も検察も画像を加工しないこと」を追加してほしい。」でしたが、
県警の対応・考え方は
「ガイドラインは,防犯カメラの設置者等に対し,適切かつ効果的な運用を行っていただくための基本的な事項を指針として示すものです。なお,警察が押収したカメラ画像等については,証拠物件取扱保管要領に基づいて厳正に取り扱われます。また,証拠物件である画像及びそのデータの改ざんは,証拠隠滅罪(刑法第104条)に当たる違法行為です。」 として、明確に答えていません。

私の場合は、映像を警察の都合の良い解釈で切りとられ,加工されたような画像で、自白を強要されました。私は加工されたような映像を見せられて、精神的に追い詰められましたが、いくらそんな映像を見せられても、66,600円を盗っていない事は確かなので、盗っていないと真実を繰り返し訴えました。それでも私は犯罪人に仕立て上げられ、さらに検察では、ひたすら示談を迫られましたので、警察も検察も画像を加工しない事を挙げたのです
改めて申し上げます。私の場合、警察・検察が、加工したような映像を見せて、自白や示談に利用しようとしました。信じられないでしょうが、これは真実です‼

番号6【撮影された画像の適正な管理】の画像の保存期間について 
私の意見は
「事件に関わる物は,最短で1年以上,最長期間を設けない。事件が解決するまで保存し,解決後も被告人の了解があるまでマザーを保存するを追加してほしい。」でしたが、
県警の対応・考え方は
「画像の保存期間が長期になれば,画像データの漏えい等の危険性が増大することから不必要な長期保存は望ましくありません。」としています。

事件に関わる防犯カメラの映像は、絶対に必要だし、その期間に不必要な期間など決められません。また、漏洩の危険度が増大・・・とは何という事。証拠になる物を消してはいけない。事件に関する物は事件が解決するまで保存し、解決後も再審や国家賠償を闘う事も大いにあるので、
冤罪とされた被告人の了解があるまでマザーを保存すべきです。

番号7【撮影された画像の閲覧・提供の制限】について、  
私の意見は 
「7(1) 第三者への閲覧・提供」に,「冤罪防止のため,弁護士などを通じて開示すること」を追加してほしい。」でしたが、
県警の対応・考え方は
「第三者への画像の閲覧・提供は,法令に基づく場合や公共の利益のために緊急の必要性がある場合等に限定されており,閲覧等の行為自体が直ちに冤罪に結びつくものではないと考えます。」でした。

私の場合、刑事が逮捕しに来た時から、「金を盗っている所が映っている。」と言いながら、それを見せてくれず、さらに取り調べの時にも、何度も「その映像を見せてくれ。」と要求しましたが、見せる事なく、とにかく刑事が作り上げた犯行ストーリーを認めさせようとするばかりで、机を叩いたり、威嚇したりして、自白を強要され続けました。
逮捕の時から防犯カメラの映像を開示してくれていれば、こんなとんでもない冤罪に引きずりこまれてはいません。

番号8【防犯カメラ・運用規定】について、
私の意見は
「6 画像の利用及び閲覧・提供の制限」の次に「7 画像の利用及び提供」と題して「防犯カメラの映像に映っている本人からの請求があれば,映像を提供することができる」を追加してほしい。」でしたが、
県警の対応・考え方は
6(1)エに「画像から識別される本人の同意がある場合又は本人に提供する場合」として同旨の規定を設けています。」としています。
※対応・考え方の欄の最初にある6(1)エのところ、ガイドライン(案)では、正しくは7(1)エのところになりますが、「画像から識別される本人の同意がある場合、または、本人に提供する場合として、他人のプライバシーを侵害することがないよう細心の注意が求められる」というのですが、私の意見に対しての答えになっていません。

そもそも、私は「防犯カメラに証拠が映っている」という刑事の脅迫的なウソによって逮捕され、勿論、身に覚えが全くありませんので「金を盗っている所が映っているのであれば、その映像を見せてくれ」と、何度要求しても見せてくれる事なく、犯人にされたのです。

ガイドラインは、警察などからの一方的な「べからず集」だけではなくて、運用に関する、つまり、防犯カメラの設置等に関する、設置した側へのガイドラインも大切ですが、私の経験から、最も大切な事は、防犯カメラの映像の扱い方です。
防犯カメラの映像は、科学的な分析・解析と、公正・中立な検証がなされることを大前提とすること。さらに、捜査機関による映像の分析では、捜査機関側の思い込みが影響して来るので、防犯カメラによる冤罪を生み出しやすいし、防犯カメラが捜査機関側に都合のよいストーリーの補完に利用されかねません。私の場合、これらの事が全て守られていませんでした。防犯カメラを扱う側、警察や、検察においても、冤罪を出さないようにする事も、大変重要だと思って、私の体験した事を元に、意見を申し立てたものでした。私の意見に対する、県警の対応・考え方は ほとんど納得できないものです。

防犯カメラのガイドラインについては、警察だけでなく、弁護士は勿論、識者も入れ、さらに防犯カメラの専門家を加えて作成する必要があると思います。また、慎重に運用を監視する第三者機関も必要だと思います。

最後に、【その他】番号12は、他の方が出された意見ですが、「防犯カメラの映像に頼り過ぎた捜査が行われているのではないか、カメラ映像だけで犯人を決めつける捜査があるのではないかと不安に思う。」について、私も大変同感します。
県警の対応・考え方は
国家公安委員会が定めた「犯罪捜査規範」では、「捜査を行うに当たっては、先入観にとらわれず、…すべての情報資料を総合して判断する」よう規定されています。
警察では、これらの規定に基づき、捜査幹部の指揮の下、綿密かつ適正な捜査を推進しています。」と、ありますが、私の場合は、これらがほとんど守られていなかったので、とんでもない目にあわされました。

※私の身に起こった事は、このままでは誰の身にも起こりうる事で、私のような被害者が私の後に出ないようにと強く願い、意見を述べさせて頂きましたが・・・いろいろ納得できない事が多いのです。
                                       
思い返せば最高裁で逆転無罪判決が出てまもなく1年になります。(去年3月10日でした。)
鬼丸かおる裁判長は、「防犯カメラの映像には、いくら映像が荒いものであっても被告人が封筒から現金を抜き取り、これをポケット等に隠し、さらに金をぬいた後の封筒を、元の記帳台に戻す様子を確認できるものではない。」と映像を慎重に確認した上で、無罪の判決を出す大きな判断材料にしていて、判決文の結論で「被告人に窃盗罪を認めた第一審判決及びこれを是認した原判決には、判決に影響を及ぼすべき重大な事実誤認があり、これを破棄しなければ著しく正義に反すると認められる。」として無罪を言い渡しました。

初めから防犯カメラの映像を公正・中立に解析していれば、貴重な4年5か月を失う事もなく、多大なる出費と、大きな精神的負担を背負わされることもなかったのです・・・。

                                    煙石 博

2018年2月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : masayukien